スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園のお別れ会

ナオミです

3月14日に息子の幼稚園最後のお別れ会で、ルンバ フラメンカをママ達と踊りました
たった2ヶ月間半の練習で、皆さんあっという間に振りを覚え
構成もつけて完璧な状態までに仕上げる事が出来ました
皆んなとても真面目で、お家でも良く練習してくれていたみたいです
お子さん達から「家のママ頑張ってる?」とか
「ママ、家でフラメンコ練習してるよ。」とか良くお話ししてくれたので
心が温まりました

当日は先生達も子供達もとても喜んでくれたので嬉しかったです!
メンバーの皆んなは緊張していたにもかかわらず堂々と踊りきり素晴らしかったです
他の出し物をされていたママ達もとても頑張っていました
幼稚園最後のとても良い思い出になりました
何よりもママ達がこの期間楽しんで弾けてくれた事が嬉しかったです。
参加してくれて有難う

 IMG_1439.jpg
スポンサーサイト

3月 ラ・フォガタ

ナオミです

3/18、ラフォガタお陰様で盛況に終わりました
観に来て下さったお客様、有難うございました
そして、出演者の皆様、お手伝いしてくれたスタッフの皆さん
お疲れ様でした、有難うございました。


グラシアたっぷりなアレグリアスを踊って下さった悦子さん
エレガントでアイレたっぷりのシギリージャを踊って下さった英子さん
マリサとカルメンのソレアポルブレリアはそれぞれの個性が際立って素晴らしかったです。
まきこさんのカラコーレス良く頑張りました!
松井さん、嶽北さん2人のチームワークも凄くていつも感心させられます。
お陰で楽しく踊る事が出来ました!


次回は4月23日、ホアンオガジャを招いてのアルテライブを
中崎町のライブハウスキャンディ ライオンで開催致します!
是非皆様観にいらして下さい

IMG_1435.jpg

2月 アルテライブ

ナオミです

先週末、2月アルテライブお陰様で盛況に終わりました
弘子さんのアイレたっぷりのアレグリアス、桂子さんの哀愁が感じられて素敵なタンゴデマラガ
智子さんのムイフラメンカなソレア、マリベルの迫力のあるタラント、カルメンのシギリージャは
彼女の得意な曲だけあり圧感でした
カンタオーラとしてのマリサもとても素敵でした
宇根さんのギターは踊りをよく観て下さっていて、とても気持ちよく踊れました
私のガロティンは何回踊っても課題はいっぱいですが、楽しく踊らせてもらいました。

              
  IMG_1332.jpg
              

次回大阪ラフォガタライブは3月18日です、又々豪華ゲストなので、是非観にいらして下さいね

11月ラ・フォガタ

ナオミです

11月ラフォガタ無事盛況に終わりました!
観に来て下さったお客様有難うございました
そして出演者の皆さん、お手伝いしてくれた生徒の皆さん有難うございました!
この度もとてもエネルギッシュなライブでした。
秋山さんは独自のアイレで観客を魅了しました
奥野さんはフラメンコプーロで力強い素敵な踊りを披露してくれました
サラの初のティエントスもとても魅力的でした
マリサのアレグリアスはいつもにも増してとてもエネルギッシュでアイレたっぷりでした
まきこさんもカラコーレス良く頑張りました!
國光さん、鳥居さんも頑張って下さいました
私も久しぶりのアレグリアス楽しかったです
写真は國光さんと奥野さんが写っていませんが、、、すみません
次回はアルテライブ12月17日です!
サラの最後のライブになるので観に来て下さい

             

  IMG_1202.jpg

             

第16回発表会

ナオミです

10月15日、無事に第16回発表会が盛況に終わりました
観に来て下さったお客様有難うございました!
バックの出演者の皆さん、スタッフの皆さん大変有難うございました
皆んな一人一人堂々としていて、本番の踊りはとても力強く、感動しました。
観に来て下さったお客様もとても完成度が高かったと好評でした
アンパロもとても頑張ってくれた事に感謝です。
そして、生徒の皆んなが舞台を楽しんでくれた事が何よりも嬉しいです!
又来年に向けて頑張って行きましょうね!



IMG_0571_s.jpg



プロフィール

NAOMI PIAZZA

Author:NAOMI PIAZZA
1974年11月30日生まれ。大阪出身。5歳からクラシックバレエを学ぶ。16歳の時、フラメンコに出会い、すぐに才覚を現し、17歳から 神戸のフラメンコライブハウス、タブラオ他様々な舞台に出演。1992年、18歳の時、1年間スペインに渡り、本場でフラメンコを学ぶ。帰国後はプロとして、さらにイベント、タブラオ、舞台公演などで活躍し、その間にも渡西を重ねる。彼女のフラメンコに対する情熱は留まることなく、毎回の公演では、新作を発表し、進化続けるバイラオーラである。日本人という枠を超え、ラテンの血を感じさせるダイナミック、且繊細なその踊りは、フラメンコファンのみならず、全ての観客を魅了し続けている。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。