スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グワヒーラ

私の初めてのソロ曲は『グワヒーラ』でした。
その当時は訳もわからず何百回と踊ってましたね。
それからグワヒーラに飽きたせいか何年も踊っていなかったのです。

ある時ベレンマジャのクルシージョが東京でありグワヒーラでした。
グワヒーラかぁ・・・と少しテンションが落ちましたが、それもつかの間
彼女のミラクルアバニコさばきに目からうろこでした

今までのフラメンコのアバニコの使い方をうちやぶり、コンテンポラリーや
日本舞踊やあらゆる要素があって衝撃だったのを覚えてます。

一週間のクラスだったので短いものでしたが、あまりに気にいったので
サリーダ、ファルセータ、ブレリアなど自分で足して一曲に仕上げ踊りました
今上級クラスのグワヒーラはこの時のです。

クラスではこの曲の思い入れの強さ伝わってるかな?

スポンサーサイト
プロフィール

NAOMI PIAZZA

Author:NAOMI PIAZZA
1974年11月30日生まれ。大阪出身。5歳からクラシックバレエを学ぶ。16歳の時、フラメンコに出会い、すぐに才覚を現し、17歳から 神戸のフラメンコライブハウス、タブラオ他様々な舞台に出演。1992年、18歳の時、1年間スペインに渡り、本場でフラメンコを学ぶ。帰国後はプロとして、さらにイベント、タブラオ、舞台公演などで活躍し、その間にも渡西を重ねる。彼女のフラメンコに対する情熱は留まることなく、毎回の公演では、新作を発表し、進化続けるバイラオーラである。日本人という枠を超え、ラテンの血を感じさせるダイナミック、且繊細なその踊りは、フラメンコファンのみならず、全ての観客を魅了し続けている。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。