スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルベールの稽古

只今、4月20日の公演ボルベールに向けてエンサージョの毎日です。

今は私のソロ曲ミゲルカーニャスの振り付けのファルーカが終わったところです。
身体の使い方や空間の使い方が彼独特の世界でそれをどこまで自分のものに出来るかは
この1ヶ月間が勝負だと感じています。
でも私の大好きな踊りのスタイルなのでとても楽しいです。

来週からボルベールという南米の美しい歌詞の曲をフラメンコにアレンジした
パレハの振り付けが始まります。ドキドキです

後、舞踊団のバストンでのマルティネーテも頑張っていますよ。
              
アナがもうすぐスペインから到着するけど来たら上達ぶりに喜ぶと思います!
頑張りましょうね!Animo!
スポンサーサイト
プロフィール

NAOMI PIAZZA

Author:NAOMI PIAZZA
1974年11月30日生まれ。大阪出身。5歳からクラシックバレエを学ぶ。16歳の時、フラメンコに出会い、すぐに才覚を現し、17歳から 神戸のフラメンコライブハウス、タブラオ他様々な舞台に出演。1992年、18歳の時、1年間スペインに渡り、本場でフラメンコを学ぶ。帰国後はプロとして、さらにイベント、タブラオ、舞台公演などで活躍し、その間にも渡西を重ねる。彼女のフラメンコに対する情熱は留まることなく、毎回の公演では、新作を発表し、進化続けるバイラオーラである。日本人という枠を超え、ラテンの血を感じさせるダイナミック、且繊細なその踊りは、フラメンコファンのみならず、全ての観客を魅了し続けている。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。